おばさんと小学生の内緒のディズニー

 おばさんと姪っ子、年の差40才のディズニー珍道中。
  ※現在はほとんどおばさんひとりの徘徊記です
 

2016年01月

ミッキーのまばたき

以前に記事に書いた、ミッキーのミュージックパーティのテレビの宣伝番組の録画をようやっと見た。

内容はベトナムで先行上演されたものの紹介だったのだけど、

まあベトナム語をしゃべるミッキーとか、
妙にしゅっとしているミニーちゃんとか
そりゃまあお国柄それぞれで個性があるのだろうけど。

何が違和感って、まばたきするミッキー。
image

image

image


他にも、ドナルドもミニーちゃんもしていた。

全部まぶたが閉じちゃうから、ちょっと怖い。
image


前にも、アメリカのミッキーがまばたきをしていたのは知っていたけど、

日本のミュージックパーティは、舞浜にいるいつもの皆さんでお願いいたします。

チャーリー特製 クラムチャウダー

極寒のニューヨークデリのテラス席で
文字通りしびれるようなビールをやっつけたあと、
PSを取っておいた「櫻」に行った。

私はこの櫻の脇にあるテラス席で
ハドソン川の風景を見ながら
あられチキンを片手に飲むビールが大好き。
image


自分の車以外でシーに来たら
ここのビールとあられチキンは
欠かせない私のルーティンなのだけど、
image

悲しいかな、年末からずーっとクローズになっている。

このあられチキンのお店が何て言う名前なのか、
ずーっと知りたくて、でも公式ページにも載っていなくて。
いろいろと検索してもわからなくて、

それをまさか、休止施設情報で知ることになるとは。
image

「レストラン櫻 テラス席」


そのまんまやないかーい!!

image


ともかくだ、その本館?の方に初めて入ってみた。

席につくと、
「チャーリー田中のお店にようこそ」
と言われた。

そう言えば、セイリングデイビュッフェに行った時も
「S.S.コロンビア号の祝賀パーティへようこそ」
みたいなことを言われたっけ。

レストランにもそれぞれに
バックグラウンドストーリーがあるんだね。


何を今さら、って思われると思うけど、
もしかしたら本当にあったかも知れない歴史のストーリーを
どうしても勝手に思い描いてしまう。


20世紀初頭のニューヨーク。

ここ、アメフロの時代背景は1912年の設定だと、何かで読んだ。

ジャックやファブリツィオが自由を夢見て船出をして、
そして冷たい海の中に沈んでいった年と同じなんだね。

一方の田中さんは19世紀後半にアメリカに渡り
一生懸命に働いて地元や同じ日本人移民の人たちの信頼を得て
「チャーリー」の愛称で親しまれ
このレストラン櫻を開店したのが1905年。(らしい。)

折しも日本の日露戦争の勝利を機に始まった
日本人移民への差別と迫害の渦の中、
それでもチャーリー田中はみんなに愛されながら
このお店を続けたに違いない。

喜びも、悲しみも、苦しみも、愛情も
何もかもを思いに込めて作られたであろう
チャーリー特製クラムチャウダー

さあ頂こう。

image


うまーい!!

このクラムチャウダーだけで白いご飯
三杯いけるわ。



どさくさに紛れて、だいぶフィクションと妄想のいり混じったことを書いてしまいましたが、

当時のアメリカでの日本人移民の方たちの苦労と試練の日々は、
あながちウソでは無いと思います。


このレストラン櫻に込められた本当の思いって
なんだったのかな。

どうして、日本人移民の設定だったのかな。



変なこと書いてすみません。
(いつもだろ、



〈追記〉
20世紀初頭に日本人移民への差別や締め付けが顕著だったのはアメリカ本土においては主に西海岸だったようです。
けれども東側(ニューヨーク)でも全く無かったかというと、そうではなかったと思います。

それでも、そういった暗い歴史のある中でも、成功して愛された日本人移民の象徴としてこの「レストラン櫻」があるのかもしれませんね。

和食も、食べたいですもんね。





ニューヨークデリで冷え冷えのアレを

最後の回のショーも終わった頃、
空からは小さな雨粒が。

傘をさすほどでは無いけれど
さすがに冷えたので暖を取るためにニューヨークデリに向かった。

暖を取るために。
(大事なことなので2回)

店内は夢のように暖かくて、外気の冷たさがウソのよう。
冷えた体がじわーっと融けていく。

これはもう、アレですよ、
外は寒かったからさすがに控えていたけど、
今日は車じゃないのだ。

ってことは?
というわけで?(しつこい、)

本日最初の一杯とデリサラダをオーダー
image


どこで飲もうかな♪

と席を探すも、およよ
席が、空いてない??

みんな考えることは同じみたいで
レジの列は全然混んでなかったのに
店内はまさかの満席。

一人なので大きなテーブルで相席できるかと思ったけど、
これも甘かった、空いてない。

中には、もう食べ終わっているのに
そのままそこのテーブルで寝ている人たちもいた。

そういう人、結構いた。

そういうテーブルの空いているイスに
黙って座っちゃおうかなっ、とも思ったけど、
目を覚ました時に驚かれるのもアレなんで、
さすがにそれは断念した。

やだ、せっかくのビールがぬるくなっちゃう。

でもありましたよ、空いてる席。

テラス席。

フッフー♪今ならテラス席選び放題♪
(オーケンの店か、

外は寒いけど、
あったまるためにここに来たんだけど、
このままじゃビールぬるくなっちゃうし、
温度感覚がよくわからなくなって
結局テラス席に着席。

image


ぶるぶるしながら頂くビールもまたおつなもんで。
よく冷えたデリサラダとも相性抜群で。

デリサラダ、初めて食べたけど
生ハム、エビ、ローストチキン、スモークサーモンとかすごく豪華で食べごたえがあった。

美味しかったんだけど。

ただ1つだけ言いたい、
温かい料理を選ぶべきだったー




お地蔵、無事完走するの巻

2回目のカムジョインユアフレンズのあと
今度は座り見エリア後方のステージ正面、
立ち見ブロックの最前列に移動した。

最前列とはいっても、かなりの端っこだったんだけど、ここで充分。

次の回までの待ち時間は3時間弱。


暇潰しに新しく買ったベリーちゃん(デジカメの名前)←ばかね
が、どれくらい遠くまで写真が撮れるのか試してみた。

それがこの写真
image


今いる所からここの絵を撮ってみたのだけど
image

まさかのピスタチオ顔だった。
なんの?

結構遠くのものも撮れるんだなーと感心。
でも手がぶるぶるして画面揺れまくりだった。


午後から天気が崩れる予報もあってか、
人はかなり少なかったんじゃないかと思う。

ショー開始の1時間前になっても、
広場の最前列ブロック以外は、
座り見エリアの通路沿いはまだまだぜんぜん空いていた。

寒いからみんな待つのを敬遠したのかな。

お腹が空いたのでマンマビスコッティでアンチョビのサンドを買ってきて食べたり

式を挙げて出てきた新郎新婦さんを祝う陽気なパレードを見たり

何だかんだで時間は過ぎていった。

そうして3回目のショーが始まった。

しっかし、3回目だっていうのに振り付けがさっぱり覚えられない。
脳の命令に体が反応しない。

いや、正しくは脳にすら正しい情報が到達していないのかもしれない。

こんなんや
image


こんなだった気が。
image


これは?
何のポーズだ?
image


こんなんあったな
image


そのあとのグリーティングタイムは
写真は撮らずにひたすら手を振り続けたよ。
もうきっと、見ることは無いだろうからね。(え、

image


そうして、無事に3回目のショーも終わった。
image



寒い
寂しい
さっぱり踊れない

の三重苦を乗り越えて、
カムジョインユアフレンズのトリプルスリー達成!

おめでとう、私。
image



達成感で頭の中にロッキーのテーマが鳴り響く中、
暖を取るためにニューヨークデリに向かった。


さっみ~





カムジョ2回目、お地蔵修行は続くよどこまでも

1回目のカムジョインユアフレンズが終わって
次は2時間後。

image


今度は少しずれて広場に向かって左側ブロック、
横側の立ち見エリアの最前列に移動して場所を取った。

ここは目の前が優先エリアになっていて
そのことはキャストさんがちゃんと事前にアナウンスしてくれていたのだけど、

車椅子の方の付き添いの方も同じ場所で立ち見をするので
結果的には前に人がいる状態になった。

それでもショーが始まれば、やっぱり楽しかった。


クラリスの歩き方のまねをするデイジー
image


グーパパも
image


今回の主役のジェラトーニ
image


角度によっては
image

悪い顔に見えてしまうのは気のせいだよね、ね、
(やめなさい)


そそそ、ショー待ちをしている時に
今回のミッキーとミニーちゃんが着ているコスと同じ服を着たキッズがいたよ、
image


すごいな、親御さんが作ったのかな。
めちゃめちゃ可愛かった!

2回目も終わり、次は3時間待ちの長丁場。

空の様子がだいぶ怪しくなってきて
image

こーんな不気味な雲が低く立ち込めて来た。
(わかりづらいかもしれないけど、一面の雲が波打ったかのように覆ってます。)

なんだか一人でじーっと待っていることにも
慣れてきた気がする。


よーし、まだまだいくぞぅ。 (やけくそ)



続きます。

3ちゃんでカムジョインユアフレンズまみれになってみた

ミッキーとミニーちゃん、プルートが仲良く船の上に。
image


ところが突然、プルートの様子に異変が?
image

「おい、プルートどうしたんだ、何があった?」
「プルート、ねえどうしたの、落ち着いてちょうだいよ」


なーちゃってね。てへ。
image

(ぽかーん)


すみません、
新しいデジカメが嬉しくてお調子に乗りました。

バレンタインナイトの日、
舞浜は午後から雨か雪の予報だった。

積もる予報では無かったのだけど、
先日の大雪のこともあったので
念のために長靴を履いていった。

これが失敗だった。

普段は履き慣れないゴム長のせいで
パークを少し歩いただけなのに
足の裏に豆ができてしまい、
痛くて歩けなくなってしまった。

仕方ないので、夜のバレナイまで
じーっとしていることに自分会議で決定。

そこでカムジョですよ(←女子校か、

一日中地蔵を覚悟して、前回の公約通り?ショーをゆっくり見ることに決めた。

1回目はミッキー広場に向かって左側、
ステージの脇の花壇沿いから見た。

ここは花壇の端(リドアイル側)の黒い門の通路の所にキャラクターたちが来てくれるという思いがけず良い場所で

ミッキーや
image

チデちゃんたちが
image

マックスも
image

フロートの色と保護色になっちゃってるドナちゃんも
image

プルートと
image

モンローウォークのクラリス様がすぐ近くまで。
image



ショーは真横というか、やや後方から見るようになっちゃうけど、
image

「デジカメおめでとう♪」って言ってくれたミニーちゃん(多分そう)


ここはキャラクターに会いたい人にはお薦めだと思いますよん。


続きます。

さびしんぼうのバレンタインナイト2016

バレンタインナイトってやつに初めて行ってみた。

姪っ子は今回は不在。
家族で沖縄に旅行に行っちゃったので
私一人だけで行ってきた。

どんなことをやるのか、
おばさんが一人で参加して良いものなのか

全くの未知の世界だったけど、
ほら、今は初心者にありがちな
どんなことでもやってみたい期間だから。
ね。

席はB席なので、普段はBBBが行われている
ブロードウェイミュージックシアターの2階席

image

2階席から見た開演前のステージ。
(上演中の写真撮影や録音は禁止です)

コンサートがはじまり、
ミッキー、ミニーちゃんを始めとして
仲間たちが登場してゲストのメッセージを読む場面では
知らない人の話なのに涙が出てきちゃって困った。

その中で、ミッキーとミニーちゃんにサポートされながら、
お客さんの男性がサプライズで公開プロポーズをする場面があった。

すごい状況での突然の彼氏さんからのプロポーズに、
彼女さんが涙で声を詰まらせながら指輪を受け取るシーンでは、
もうこちらまで号泣ですよ。
2階席から大泣きしながら拍手喝采ですよ。

おめでとう、良かったね、
ああ若いっていいなあ。
素晴らしい。

メッセージの紹介が終わってステージ再開、
詳しくは書かない方が良いのだろうけど
プリンセス星人の姪っ子にも絶対に見せたかったステージだった。

そして最後はダッフィとシェリーメイちゃんも登場して
ミッキーの仲間たちが客席に降りて走り回る。
会場は大盛り上がり。

さすがに2階席には来てくれなかったけど
でも見ているだけでもすっごく楽しかった。

来年も是非、来たいと思った。

このバレンタインナイトでのミッキーがメチャメチャかっこ良くて
衣装がとんでもなくステキで。

私、年甲斐もなくこのミッキーのぬいぐるみバッチ買ってしまいました♪
image


ディスプレイされていた、ミッキーとミニーちゃん。
image

image


ステージでは、ミッキーとお揃いの衣装のチップとデールもすごく可愛いくて。

チップとデールのバレナイぬいバが出たら
絶対に買っちゃうのにな。
出してくれないかな~

いつも見ようと思って忘れていたピッコロメルカートのディスプレイも
image

ハートでした。

ミッキーたちが歩いて登場、カムジョインユアフレンズ

続きです

BBBを見るために抽選アプリを開いたら
全部の回で「直接劇場に来てください」の表示だった。

こんなこともあるんだね。
人が少ないから?

とりあえずヴォルケイニアレストランで食事をして
image

(ミッキーのスーベニアスプーン欲しさに買いました。)

BBBを見るためにアメフロまで戻った。

何を隠そう、昨日今日シーに来だしたもんだから、
クリスマスバージョンのは見ていても
通常のバージョンは見たことがまだ無かった。

この先また新しくなるみたいなので
現行バージョンのBBBを見ることが出来て良かった!

BBBの後、外に出ると3回目のカムジョインの時間だった。

どうやらシステム調整で船が出ず、
ミッキーたちが歩いて登場してくるとのことだった。

姪っ子をキッズエリアに送り込み
自分だけカフエポルトフィーノの隣の扉の所に
お出迎えとやらにいってみた。

最初にミッキーが出てきて
image

原監督のグータッチ? キヨシ師匠?
image


ミニーちゃんが華麗に登場
image

なんだこの佇まいの愛らしさは。
image


プルートは向こう向いちゃったけど
なんか痩せてて心配、
image


そして、ダッフィ君とシェリーメイちゃん。
image

image


少し間が空いて、ドナルド
image

と、デイジー登場
image

デイジーかわいいね
image


ポルトフィーノ側からはこれでみんなだった。

ショーはよく見えなかったから、
今度一人で来た時にでもゆっくり見ようっと。

それにしても、今回のこのショーは
システム調整が多いみたいで、
今回もキャンセルにならなかっただけ良かったのかな?

関係無いかもだけど、前日のランドの
エレクトリカルパレードでも
ピートとドラゴンのフロートがいなかった。

いろいろとシステム調整の時期なんすかね。

この日、帰るのに車に乗り込んだら
ルームミラーがいきなり取れて落ちた。
image


ルームミラーって万一の時のために、
取れやすくなっているんだってね。

だからって、今、取れなくても~

もともと後ろなんて見えないから
ルームミラーなんて必要ないんだけど、
無いとやっぱり車検通らないのかな。
アロンアルファでくっつかないかな。

でも一番ひどかったのは。

せっかくカメラマンさんに撮ってもらった
ミッキーとデイジーとの記念写真を
フォトなんちゃらに取りに行くのをすっかり忘れて帰るという
大失態をやらかした。
やってみた。

すみません、私もシステム調整が必要です。

ミッキーのグリーティングトレイル

続きです。

広場でピノキオたちに遊んでもらったあと、
船でロストリバーデルタまで来た。

お目当てはミッキーのグリーティングトレイル。

ハーバーではショーをやっているのもあってか、
待ち時間30分!
ちゃ~んす!

初めての奥地のミッキー、
テレビで見た、マツコさんを二度見するミッキーがかわいくて
どうしても会いたかった。

最初にサインをお願いした時にアクシデント発生。

ミッキーがサインペンを落としてしまったのだ。
image

落ちる時にペン先が姪っ子のドレスをかすめ、
うすーく黒い線がひとすじ、白いレースの所に入ってしまった。

動揺するミッキー
動転する姪っ子
それを全く見ていなかった私 ←ダメじゃん、

見ていなかったので状況はよくわからないけど、
おおかたミッキーにペンを渡す際に
プリンセスのツルツルした手袋が滑って
きちんとペンを渡せなかったって所なんだと思う。

本当は買ったばかりのドレスが汚れてしまい、
泣きたい気持ちのはずなのをぐっと呑み込んで
心配そうなミッキーに「大丈夫だよ、」って
姪っ子は一生懸命に言っていた。

偉いね、
おばさんは君のそういう所大好きです。

汚れといってもうすーい線なので、言われなくては気付かない。
ドレスの折り目の線に見えなくもない。

下手に拭いたり、いじってシミが拡がって目立つより
そのままの方がきっといいに違いないと判断。

ミッキーにマーキングされたと思えばええやん。
素敵やん。

気を取り直して、改めてサインをしてもらい
image


写真も撮ってもらって
image

image

見送ってもらう時にミッキーが私を呼んでくれた。
image

えっ、おばさんとも撮ってくれるの??
ミッキーやさしい~

といいながら、ちゃっかり自分のカバンにもサインをもらっちゃった♪
ブック感激!(誰よ、

そのあと、アラビアンコーストに行き
大好きなジャスミンのフライングカーペットに乗ると
スティッチとエンジェルがグリーティングをしていた。

姪っ子がお目当てのジャスミンとアラジンは
このタイミングでは出てきていなかった。

残念。

その後、デイジーのグリーティングに並び、
サインと写真を撮ってもらって
image

デイジーとお揃いのポーズでパチリ。
image

デイジーのお尻がかわゆす☆
image


そして、デイジーは姪っ子の手を取って
お見送りをしてくれたよ。
image


このあと、アメフロに戻ってBBBを見ることにした。

image

何が落ちてるのかいな?


この日、BBBは全部の回で抽選無しでした。
(続きます)






プリンセス延長 翌日シーでキャラグリざんまい

本当は日帰り予定だったのが、
一泊してシーにも行こうということになった。

一泊と言っても、ホテルではなく車中泊のこと。

車は荷室がフルフラットのベッド仕様になっていて
大人二人でも余裕で足を伸ばして眠れるので
駐車場とトイレさえ有ればどこでも寝泊まりできちゃうのだ。

前日、ビビディバビディブティックでセットをしてもらっている時に
「今日はどちらか特別な所にお泊まりするのですか?」と聞かれ、

「はい、タイヤが4つついている所です。」

とはさすがに言えなかったなあ。

後でその事を姪っ子に話したら、大爆笑していた。

そんなわけで、翌朝は姪っ子のプリンセスヘアを私がやることになった。

こんなこともあろうかと、
ヘアムースと黒ピンを持ってきておいて良かった。

試行錯誤の上、お、何とかなってる!

お団子部分のアンコがはみ出ちゃってるけど、
アイメークが青タン作ったみたいになっちゃってるけど、
ま、いいや。 (え、

せーの、
ビビディ~ バビディ~ ブ~ゥ

若干の問題はあるけど、
何とかシンデレラに変身してシーに向かった。

途中、年配の方に
「まあ、花嫁さんみたい」って褒められた。

ほら、アンコ出てるのバレてない。

シーでは、今日はサインをたくさんもらって
写真をいっぱい撮る日にしようと決めていた。

まずゼペットおじいさん。

サインをもらって
image

手の甲にキスもしてもらってた。
image


ピノキオにも写真を撮ってもらって
image

そのあとなぜか、二人でダンス。(笑)
image


前回撮れなかった良心さん(ジミニー)に
念願のサインをもらっていると、
image


ギデオンさんも来てくれて三人で記念撮影
image


背が高いので目立つのか、
小さい子が姪っ子を凝視してくる。

昨日はランドで小さい女の子から手を振ってもらっていた。

すれ違う女子高生や、回りのゲストさんたちが
「かわいい~」って褒めてくださるので
姪っ子の鼻が膨らむのを見るのがおもしろかった。

どうやら、昨日の芸術的な編み込みとはうって代わり
おばさんがセットした
ギッザギザのカミナリラインの後ろ姿になっていても
何とかなっているようだ。
image

しめしめ。


ひとしきりピノキオファミリーに遊んでもらった後は
船で奥地へと向かいます。

マジカルドリームライト

*******************
(続 おわび)
コメントに気づかなかった原因がわかりました、
コメント通知のメール設定をしていたのに、
メーラーが勝手に迷惑メールにソートしちゃっていたのです。(逆に迷惑だわ#)

大変申し訳ありませんでした。
*******************

そういえば。

マジカルドリームライト?だっけ、
エレクトリカルパレードでフロートに反応して
色が変化するミッキーフェイスのライト。
image

これ、もう売らなくなってしまったのですね。

ヒカリモノを売るワゴンからも、
もうだいぶ前に無くなっていたみたい。

これがあると、エレクトリカルパレードではまず無敵になれるのに。
もったいない。

最初は姪っ子に買ってあげたのだけど
自分でも欲しくなっちゃって、追加。

以降、パレードの時に2つのライトの向きを揃えて
動きをシンクロさせてワイパーみたいに振っていると、
ほとんどのキャラクターたちがこちらを見て気付いてくれる。

手を同じようにライトを振る仕草をしてくれたり、
拍手をしてくれたり、
親指を立ててもらったり、

こーんなにおいしい思いができるライトが
売られなくなってしまうなんて、
ホントに残念。
image


その代わり、今度はシーでのファンタズミックに連動するライトが出るみたいだけど、
キャラクターの直の反応が見れるのは、
やっぱりマジカルドリームライトの方だと思う。

マジカルドリームライト、ファンタズミック対応に無料アップデートとか無いかな。

無いだろな。

クリスタルパレスでアナとエルサのスペシャルブッフェをいただく

**********
(おわび)
私、全くもって未だによくこのブログのことがわかっておらず、
せっかくコメントをいただいていたのにお返事もせずに、今日まで気づかずに本当にごめんなさい。
これからもっとこのブログの仕組みを勉強します。
明日あたりから勉強します。がんばります。
**********


ビビディバビディブティックでプリンセスに変身したら、
まずは、腹ごしらえ。

image


ということで、予約を取っておいたクリスタルパレスレストランへ向かった。

お店の中は、イベントに合わせて
フローズンファンタジーの飾りつけがとてもきれい。

名前を呼ばれるまで、入り口にある
アナのひまわりのケーキの前でひと休み。
image


お店の飾りつけの写真はこれしか無いけど
でも見て見て。
image

この芸術的なプリンセスヘアの後ろの編み込み。
あたしゃ、こんなの絶対ムーリー


美味しそうなお料理がたくさんあったけど
絶望的に盛り付けのセンスが無いので
お料理の写真を撮るのは断念。

食べることに集中した。

辛うじて撮ってあったデザートの写真。
image

ね、私がお皿に盛ると美味しくなさそうでしょ?


青いチーズケーキが美味しかった。

あとはよく覚えていない。 ←

姪っ子は、ブルーのゼリー(写真には写ってない)を
美味しいといっておかわりまでしてたけど

私にはどうもこのきれいなブルーが
カツオのエボシを思い出させてしまって
口に入れるのがためらわれたのだけど、

食べてみたら美味しかったです。

棒読みに見えるかもですが、美味しかったです。


折しも、外は午後の2回目のフローズンパレードが始まる所で
image


強烈な西日の向こうから、パレードの音がかすかに聞こえていた。

ああ、パークにいると、日が傾くのが早い。

仕事しているときは1日がこんなに長いのに。

ビビディバビディブティックでブ~

お昼のパレードを堪能して、いよいよビビディバビディブティックへ。
image

ワクワク♪

お店に入ると、用意をしてもらう間、
プリンセスの挨拶をレクチャーしてもらう。
image

若干緊張気味のチョンチョリンプリンセス。

そして、お店の中へ。
image


いくつかある髪型の中から希望のものを選べる。
image

シンデレラのアップスタイルを選ぶ。

果たしてこの髪の長さで、アップにできるのかな

と、そこはさすがの魔法使いですから
あれよあれよとお団子が出来て行く。
image


ちゃっちゃっと髪をまとめるお姉さんと
その間にしゅっしゅっとマニキュアとメイクをしてくれるお姉さん。
image


次は私が魔法をかけないといけないので、
一部始終を動画に撮って後で勉強しようと思ったのに

ここでまさかのスマホのバッテリー切れ。
image


とほほ。

仕方無いから、必死で脳内ハードディスクに書き込もうとするんだけど、

そもそものバッファが足りないから、
見てるそばから忘れてっちゃう。

ま、いっか。

そうこうしているうちに、完成。

ビビディ~バビディ~ブ~の呪文で
鏡の中への自分とご対面。
image


すごーい、あの短かかったチョンチョリン頭が
見事なプリンセススタイルになってる!

プリンセス証明書にサインをして
image


シンデレラ完成。
image

ひゅ~♪

ランドホテルのお庭で写真を撮ったけど、
逆光とか、
かばん下げてたり、

もっとちゃんと撮ってあげれば良かった。
image


でも本人めちゃくちゃ幸せそうな顔してた、

良かったね。

靴は、マーカンタイルのものはサイズが無かったので自前で用意しました。

ドレスにはパニエがついていますが、
さらにもう1枚、パニエを中にはいてます。

姪っ子いわく
「温かくて重い」

だそうです。

大好き!ハピネスイズヒア

この日は午後からビビディバビディブティックの予約を取っていた。

時間はプリンセスウェルカムの権利が付かない14時過ぎの回。

この件について、以前に姪っ子と慎重に協議した結果(笑)

シンデレラのプリンセスウェルカムは
次におばあちゃんと来たときに
一般枠でおばあちゃんにも見せてあげよう、
ということになった。
image

うちのおばあちゃん。 ではない。


ビビディの予約時間までにはまだ時間があり、
ヘアメイクのみのクラウンコースだったので
先に隣のマーカンタイルでドレスだけ購入することにした。

もし、サイズが無かったらどうしようってドキドキしたけど、
無事にシンデレラの一番大きいサイズ150を購入。

お値段 手袋がついて、
税込みなんと…

16200円。

おばさんの魔法のカードで購入。

この魔法は翌月の決まった日に解けて消えてしまう。

後から姪っ子がお年玉で払ってくれるらしいけど…
これもきっと解けて消える魔法の言葉に違いない。

いったん車に戻って試着をしてみた。

髪型は後でやってもらうので大きくはいじれない。

前髪の部分だけチョンチョリンにして
以前のビビディでもらったティアラをつけてみた。

駐車場で試着をするプリンセス。
image

おー。

このままお昼のパレードか見たいというので
すぐにビビディに行ける準備をしてパークに戻った。

ちなみに、お城前ではアナとエルサのウィンターグリーティングだったのだけど
すでに会場はチビッ子たちで満杯だった。

残念。

でももうじきお楽しみのハピネスイズヒアが来る♪

地べたに座ってパレードを待つプリンセス
image

スモーキーターキーレッグをガブるプリンセス
image


パレードか始まると、
そこはさすがのプリンセスパワー。

頭はチョンチョリンでも
通るキャラクターのほとんどが
姪っ子を見つけてアクションをしてくれた。

順不動ですが

ジーニーと
image

アラジンが気付いてくれて
image

ジャスミンにも教えてくれた。
image


とっても大きなアクションで見つけてくれたラプちゃん♪
image

と、メリーポピンズのバートさん
image


おまちかねのシンデレラも気付いてくれた!
image

投げキスをたくさんもらって、プリンセス同志の挨拶を交わしてた。

ドナデジと
image

ミニーちゃんにもしっかり気付いてもらって
image

ミッキーはあっち側だったけど、
image

デールも見てくれたから良かったね!
image

(微妙)

ハピネスイズヒアでいっぱいっぱい愛をもらって
さあ、いよいよビビディバビディブティックです♪

フローズンファンタジーパレード /アナが可愛すぎ♪

話が前後になっちゃうけど、
アナとエルサのフローズンファンタジーパレード、
アナとクリストフの停止ポジションで見てきたよ。

クリストフ側だったから、イケメンのクリストフがばっちり見れた。
image


そして、クリストフを何度も何度も見つめる
アナの表情が、もうほんっとに可愛くて!
image

image


本当に好きなんじゃないかって思うくらい。
(あ、いや、本当に好きなんだけど、)
image

くるくると変わる表情が、本当にステキだった。

オーケンのお店もちゃんと見たし
image


トロールもオラフも可愛かった。
image

トロールは人形だけかと思ったら違った、
トロールも踊るんだね。

そして、エルサが本当に美しかった。
image

エルサの後ろ姿、その背中の美しさに
誇り高き孤高の氷の女王の威厳を感じた。
image

(後ろ姿しか撮れなかったともいう。)

今度はエルサのポジションで見たいな。

そそそ、
このパレードの時、姪っ子はアナのプリントされたトレーナーとスカートの上下を着ていたのだけど、

アナちゃんてば反対側にいるにも関わらず
姪っ子の上着の下のアナの顔に気付いてくれて
「まあ、私?」なんて喜ぶ仕草をしてくれたもんだから
もう姪っ子喜んじゃって大変。

優しいなあ、アナ。

この日午前中の姪っ子の服装。
image

わかりづらいけど、白い上着の下に
アナのトレーナーを着てます。

そして、このあと姪っ子には
この日最大のメインイベントが待っていたのでした。
 ようこそいらっしゃいました♪
  ご訪問ありがとうございます!

ついにパークが再開しました!高校に入学したもののずっと自宅待機だった姪っ子もようやく通学できるようになりました。まだまだ緊張と制限と自制の必要が残る状況ではありますが、少しでも早く人々が以前の生活に戻り、また以前のパークへと戻るよう願ってやみません。

これからもどうぞよろしくお願いいたします

(2020.07.01更新)

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小学生だった姪っ子もこの春から晴れて高校生になりました。早く世の中が通常運転になってパークにも行けるようになりますように。(この欄の更新ができますように)
(2020.04.01更新)


  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おもに小学生の姪とパークに行っているおばさんのブログでしたが姪っ子も今や中学生に。
厳密には「おばさんと「元」小学生の」ブログとなるのですが、タイトルは今まで通りで突っ走ることに決めました、私が。

写真は相変わらずなアレですし記事も相変わらず独りよがり内容ですが、そのへんのところざっくり引き続きよろしくお願いいたします
(2017.04.01更新)

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


おもに小学生の姪とパークに行っているおばさんのブログです
ブログは初めてなのでよくわかっていません
失礼があったらすみません
写真はビックリするほど下手くそです
なぜか?肝心な写真ほど撮れていません

そのへんどうぞよろしくお願いいたします
(2015.12.15)

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


   △▽おばメイ@管理人▽△
記事検索 ☆キーワードを入力してね
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ